「 2018年09月 」一覧

macOS MojaveとVectorWorks2016

MacBookPro13inchにMojaveをインストールしてみました。

macOS Mojave


まだ、どう違っているのかはわかりませんが、VectorWorks2016だけ試してみました。

結果

ダメですね。立ち上がりますが、
スクロール、ズームが極端に遅いし、突然落ちます。
残念ながら、使えません。
そもそもHigh Sierraでも動作保証されていませんから、仕方ないとは思いますが。
メイン機はMojaveにはできないということで(^_^;

ちなみに、旧MacProでMojaveインストール可能なMetal対応GPUが、Appleから発表されています。
Quadro4000はMetal対応のはずですが、インストールできないようです。
インストールできるという情報がありました。(^_^;
βバージョンでは、インストール可能だったようなので、今後変わるかも知れませんが。

Safari Ver.12

SafariをVer12にアップデートしたら、VODBOXプラグインが動作しなくなってしまいました。

VODBOXプラグインソフト
インストールはできるけど、動作しない


教育機関などオンデマンド映像配信のブラウザ用プラグインソフトなのですが、動作しなくなってしまったのは想定外でした。
今日の時点でも、対応バージョンは出ていないようです。
PCでは見られなくなってしまったので、iPadで見るしかないです。
何回もボタン押す必要があるので、面倒なんですよね。(^_^;
なんとかならないものかな?

9月27日追記
VODプラグインの新バージョンが出ていました。対応早いですね。


High Sierra(クリーンインストール)

システムディスクを初期化。クリーンインストールしました。
確か、OS10.8の頃から上書きインストールだったと思います。(面倒なので)(^_^;
しばらくぶりのクリーンインストールです。
先の症状ですが。nvidiaのドライバを新規インストールしたら、機能拡張なんたらのポップアップが5つくらい出て、許可して再起動したら正常に読み込まれたようです。
不具合の原因わかりませんが。(^_^;
直ったのでOKです。
システムプロファイラの使用停止アプリケーションには、nvidiaのドライバらしき物は無くなりましたが前より増えてます。

使用停止アプリケーション


hpとかありますから、hpプリンターのドライバでしょうか?
インストールした覚えないんですけど。よくわかりません。

戻すのに2時間以上かかりましたけど、裏技使わずに正常にドライバが読み込めたので良かった。

クリーンなHigh Sierra


Extensions(kext)の強制読み込み

nvidiaのWebドライバの一部が読み込まれなくて、表示がもたつく件ですが。
ウインドウをドラッグすると、透明になり消えたり。
ドッグの背景が白くなったり。
スクロールが遅かったり。
ちなみにこの状態でcinebenchを走らせたら、スコアは20。(^_^;
正常だと58くらい。

nvidiaドライバマネージャー


ターミナルでkextの読み込みを強制的に許可するようにしたところ、問題なく表示されるようになりました。
ただ、これはセキュリティの問題をはらんでいるので、やはり早めにクリーンインストールした方が良いですね。