「 2018年08月 」一覧

2018 つつじが丘の住宅

竣工してから13年の月日が経ちました。
6年ぶりになるでしょうか。つつじが丘の住宅を訪問しました。
アプローチのトネリコの成長が月日を物語っていますね。

2018つつじが丘の住宅|アプローチ


竣工当時
©新建築写真部


おいしい食事をいただいたり、びっくりするくらい成長したお子さん達と会ったり、とても楽しい時間を過ごすことができました。

撮り慣れていないので、食べた後に気がつくという(^_^;
これは忘れず撮りました


一番感心したのは、ライフスタイルの変化にも、自ら工夫して使われていたことですね。
お子さんや奥様のお友達のたまり場?になっていると言うことなどもお聞きして、人が集まる家なんだと嬉しく思いました。
設計していた時から、オーナーの住宅に対する考え方は、とても懐が深いところが有って感心していました。
痛んでしまって、改修した部分もありますが、竣工当時のまま変わらず有るその姿をみて。
設計して良かったと想いを新たにしました。

竣工当時|中庭
©新建築写真部


macOS High SierraとVectorWorks2016

この前High Sierraにしたばかりですが、早速VectorWorks2016で不具合がありました。
そもそもHigh Sierraには対応していないので、当然と言えば当然です。
DWG/DXF取り込みの時に開くウインドウが、画像の様になってしまいます。
ターゲットファイルの場所によっては、3分の1くらいしか表示されないこともあるので、ちょっとやっかいですね。

選択ウインドウの不具合


取り込み自体は問題ないので、良いですが。
これは、私の環境だけでしょうか?
なんか、シリーズ化しそうな気がします(^_^;


Blenderベンチマーク

いつも訪れているBlogの日々適当さんがBlenderのベンチマークをしていたので、私もやってみました。
いろいろなベンチマークをチェックしましたが、さすがにMacProとは言え2010年モデルですから、最新のiMacやMacBookProと比べるとその性能は劣りますね。
CPUをX5680×2に換装していますから、やっと追いついているという感じです。
GPUに至っては、おそらく勝負にならないでしょう。
いずれにしても、私にはこれでもオーバースペックなので、壊れるまで使えそうです(^_^;

blenderベンチマーク


このベンチマークは、CPUやGPUの負荷が高いです。
CPUは終了するまで85°オーバーですし、GPUでは負荷が原因かわかりませんが、最初のレンダリングでまさかのCRASHです(^_^;
これ一度きりにしておきます。

追記
ベンチマークの数字ですが、レンダリングにかかる時間です。短い方が性能が高いということになりますね。
フルでレンダリングするには、終わるのに1時間半から2時間かかるので要注意です。


High Sierra アップグレード

もうすぐmacOS Mojaveが出ますが。
やっとHigh Sierraにしました(^_^;

High Sierra


とりあえず、常用アプリは動く様なので、仕事のキリも良いところだったのでアップグレードしました。
すべて試したわけではないので、今後不具合があるかも知れません。
一番の問題は、Elcapitanを最後にディスコンになったA&A会計くらいですね。
ダメなら、何か考えます。
システムインフォのMetalの表記が「対応」だけだったのが、ファミリー名が表記されるようになりました。
なんか意味あるのかな?

グラフィックインフォ


風景と建築

一年近く前に行った「道の駅 ましこ」です。
写真整理していたら、出てきました(^_^;

道の駅 ましこ

位相の異なる大屋根が特徴的な建築ですね。
このズレがあるからこそ、周囲の山並みの風景にとけ込んでいるのでしょう。
建築家の意図がダイレクトに伝わるとても良い建築でした。
ディテールも洗練されていて、感心しました。

軒のディテール