「 2017年11月 」一覧

シルエット

メインマシンをMacPro(2010)へ移行するのにあわせて、5年間使ってきたハードディスクも新規に入れ替えました。以前はHGSTの1TB×2台でしたが、シーク音が大きいので今回はSEAGATEの2TBを2台にしました。1台はデータ用で、もう1台はタイムマシン(バックアップ)用です。
データを整理して移行していたら、昔の写真がたくさん出てきたので、少しずつUPします。ww

薄暮 江戸川
NIKON D5000 F22

江戸川の堤防越しに夕空を撮ってます。堤防を歩く人が見えますかね?

暮れゆく川辺
NIKON D5000

夏の夕暮れ時
レンズは超広角18mmのアダプタをつけて撮っています。江戸川が湾曲してますね…ww
遠くにはスカイツリー、建物のシルエット、そして街の灯り。


さび

鉄の塀

ソウル市内北村の路地に鉄の塀をみつけました。
防錆されておらず、全体を錆びが覆っています。
錆びの感じは、コールテン鋼ではなさそうですね。

鉄塀のディテール

フレームをアングルで組んでいるようです。上部は形鋼の庇になっていて、門扉の庇にもなっています。
建物の外壁は木材ですが、屋根のフレームもやはり形鋼のようです。
素材の使い方がうまいですね。
年月と共に、質感が出てくるという考え方もあると思われるし、質素で日本的な情緒がある建物です。
下段は石の小端積みです。これもまた良い感じです。


ソウル(2日目)

北村(プッチョン)に伝統韓屋があるのですが、観光地化しているので人が多くて写真撮ってません。(^_^;
ほとんどが石塀で囲まれているので、内部も見ることができません。しかし、道路や建物のスケール感が絶妙で、街並みがとてもきれいです。(人がいなければ。。。)
実際に住んで生活している人がいるので、静かに街歩きしてきました。移動のほとんどは徒歩かバスです。その方がその土地の普段の暮らしぶりなどが垣間見えて楽しいです。
伝統的な家屋がある一方で、当然ですが現代的な建築もあります。

ギャラリー

建物名忘れました。(^_^;
外壁は鉄板をランダムに折り曲げて出来ています。

外壁のディテール

ちょっとピンが甘いですが、ランダムに折り曲げることで陰影に変化をつけています。

壁面

反対側から見ると、その表情は違って見えますね。
ちょっとしたアイディアですが、こういうの好きです。

3日目、4日目は、ただ食べ歩きしただけでなにも無しです。ww
今年年頭にもきましたが、年に一度くらいは家族旅行したいですね。


ソウル(1日目)

東大門全景

暗いので手ぶれしてます(^_^;
都市ごと城壁で防御するという大陸的な考え方ですね。海に囲まれた日本ではこのような都市はありません。

東大門見上げ

垂木のかけ方などは、日本と同じです。丸太そのままと色彩は違いはありますが。

天井画

側面

建築的には見るものはあまり無いし、観光旅行なので…W
この後、チキンを食べに行きました。


機窓から

B737-800
機窓から


3日から連休を利用して、4日間ソウルに行ってきました。特徴のある雲が見えたので撮ってみました。
日本海上空、日本列島おそらく出雲市あたりだと思います。写真中央に宍道湖(だと思います)が見えます。