「 Mac 」一覧

MacPro(2019)を考える

MacPro2019
Appleサイトから


考えるだけですよ。
買うわけではありません。
多くのサイトでMacProについて記事を読んだりしていますが、読めば読むほど必要ないなと。(^_^;
完全にオーバースペックなので。(高すぎて買えないというのが一番の理由ですが)
設計で使うとなると、VRムービーや3Dシミュレーションの8K出力とかですかね?
高度すぎて、思い浮かばないです。
そもそも、3Dもまともに出来ていない現状を考えると、今のままでOKですね。銀Proでも十分なパワーはありますからね。
スペックを見ていて、ちょっと気になったところ。
PCIeが3Genです。
もう4Genが出るんじゃないでしょうか?秋発売ですから、その時点で古い規格になってしまわないかな?
コストなんでしょうかね。でもここまで高けりゃ、採用してもあまり関係ないような気もします。
Xeon Wは8coreでTDP160W
28coreで255Wですか?
空冷でホントに大丈夫?
きっと大丈夫なんでしょうね。W
・・・
いまの銀ProがX5690×2(6core×2)でTDP130W×2 260Wだから大丈夫なのか。W
そう考えると28coreで255Wは、省電力かも知れませんね。

昔のPowerMac7600、8600、9600みたいに選べたらいいけど。
Appleがダメになってしまった一因だったんですけどね。(^_^;


MacPro(2019)

裏技を期待と書きましたが。
もう出ました。WW
早い。
ベータ版の対応なので、正式リリースではどうなるかわかりませんが。
これは期待できますね。(追記6月8日)
システム要件に満たないMacに最新のmacOSをインストールできる「macOS Patcher」がmacOS 10.15 Catalinaに初期対応

やっと出ましたが。

思った通り、プロ仕様のワークステーションですね。

MacPro2019
(Appleサイトから)


シングルCPUだけみたいですけど。
CPU Xeon W3200シリーズ
GPU AMD Radeon Pro Vega Ⅱ
最低構成で60万超えですか。どうなんですかね?ワークステーションってそんなもの?
HPでも同じ構成のものがないので、比較できませんが。
もともとMacは高かったからね。昔を知る人は安くなったと思っているんじゃないでしょうか。
これの中間くらいの値段だったら考えるんだけどね。w
というか・・・nvidiaはどこいった?(^_^;
MacPro(2010)も新OS(macOS 10.15 Catalina)で切られますし、どうしましょうか。
iMacの選択肢はないし、MacMiniも同じで、無し。

結局銀Proを使い続けることになりそうです。
また裏技インストールに期待しますかね。


13 インチ MacBook Pro ディスプレイバックライト修理プログラム

Appleが修理プログラムを発表したようです。
私のMBPも該当機種ですね。(^_^;
買って半年もしないうちに2017モデルが出るという、悲運のMBPです。WW
幸いなことに、問題となる症状は出ていませんが。

MacBook Pro 13inch (2016)
何故メモリタブが無いんだ?

ところで。
MacBook Pro 2019 がコッソリ出てますよ。

最近Macネタばかりですが、仕事もしてます。W


NVMe SSDの増設(MacPro(2010)の起動ディスク)

MacProで認識できるM.2 SSDはAHCIだけでしたが、Mojave(10.14.1)からは、NVMe SSDも認識だけで無く起動ディスクにできるようです。
AHCIはほとんど入手できませんから、NVMe SSDを使えるようになったことは、旧MacProユーザーとしては嬉しいですね。
ただし、認識しないSSDもあるようなので、注意が必要です。
起動ディスクにできる条件は、BootRomが140.0.0.0.0以降のOS(10.14.1)に限ります。
現在Mojaveの最新バージョンは10.14.5で、フルインストーラーでインストールするとファームウェアアップデートの後インストールされます。
(アップデートではファームウェアの書き換えはできません。フルインストーラーはダウンロード後に一旦終了し、USBの起動ディスクをつくってください。
アップデート後のBootRomは、144.0.0.0.0です。

10.14.5ハードウェアインフォ

旧MacProの場合、M.2はPCIeカードに装着して増設することになりますが、PCIe2.0ですから、今時の高性能なSSDを選んでもその速度はでません。
MacProで使えて、コストパフォーマンスの良いINTEL SSD6 660Pの1TBにしました。

INTEL SSD6

SSD660P 1TB

PCIeアダプタカードは、GLOTRENDS M.2 PCIe NVMe/AHCI SSD to PCIe 3.0×4です。

GLOTRENDS M.2 PCIe NVMe/AHCI SSD to PCIe 3.0×4アダプタカード

MojaveをインストールしてTime Machineから、元の環境を復元しました。
特に問題も無く、起動ディスクとなりました。

NVMeインフォ

INTEL SSD6もSSD7が既にリリースされているので、新品を買えるのも今のうちかも知れません。
SSD660Pの性能(アマゾンから)
容量(GB):1TB
NANDフラッシュメモリ:64-layer, QLC, Intel 3D NAND
シーケンシャルリード:最大1800MB/s、シーケンシャルライト:最大1800MB/s
ランダム4KBリード:最大220,000 IOPS、ランダム4KBライト:最大220,00 IOPS
インタフェース:PCIe 3.0×4 NVMe
フォームファクタ:80mm M.2 2280 / 外形寸法W22×D80mm、重量10g
消費電力:Active 100mW, Idle 40mW

ベンチマークです。
PCIe2.0ですから、1500MB/sが限界値でしょうね。

SSD660pベンチマーク


使い始めなので、これは良い数値ですね。
MacProで動作するM.2 SSDの選択肢が増えたのは良いですね。

参考にAmorphousDiskMarkのベンチマークも貼っておきます。

AmorphousDiskMark
INTEL 660Pシーケンシャルリード:最大1800MB/s、シーケンシャルライト:最大1800MB/s

Samsung SM951(AHCI)

Samsung SM951(AHCI)
MZHPV256HDGL-00000 SM951 AHCI M.2 SSD 256GB
容量:256GB ・接続方式:M.2 (内部PCIe)・コントローラー:サムスン製
Sequential Read up to 2150MB/s・Sequential Write up to 1200MB/s

ちなみに、MacBook Pro(13inch)2016モデルのベンチです。
リード性能がほぼ倍ですね。起動が速いわけですね。

MacBook Pro2016(13inch)


Radeon PULSE RX580ベンチマーク

先ほど記事を書こうとしたら、何も変更していないのに突然データベース接続確立エラーが出て焦りました。W
一時的な現象だったみたいです。
さんざん見てきたので、接続エラーに敏感になってます。(^_^;

RX580のベンチマークを取ってみました。
CINEBENCH(Mojave)

CINEBENCH(Mojave)


思った通り、遅いですね。W
CINEBENCH(Windows10)

CINEBENCH(Windows10)


やはりOSやドライバで違うものですね。
geekbench

geekbench


HEVENBENCH

HEVENBENCH(Windows10)


HEVENBENCHは、Mojaveでは動かなくなってしまったので、Win環境だけです。
以前取ったRX480とあまり変わりませんね。

HEVENBENCH(Windows10)
RX480


RX580はまだ新品で買えますから、そこはメリットですかね。
性能的にはRX480と特筆して高性能なわけではありませんが、いずれもビデオメモリが8Gというのは良いですね。

geekbenchでQuadro K5000も取ってみました。
nvidiaのWebドライバがないのでCUDAを計測できず、OpenCLです。意味ないですけど。(^_^;
測定値「0」です。W

Quadro K5000
OpenCL


散々な結果です。桁が違いますね。
METALで計測すると、もっと正確に違いがわかるかも知れません。