「 Mac 」一覧


MacPro(2010)

スクリーンショット


MacPro(2010)を増設しました。
現状使っているソフトとの兼ね合いで、OSは10.12です。
残念ながら、これ以上あげられません。
今までのメイン機の2009モデルは、サブ機としてOS10.10で運用です。こちらもこのバージョンのOSでないと動かないソフトがあるので。
それにしても、1バージョンOSが上がる度に、使えないソフト(特にVectorWorks)が出てしまうのは、本当に困ったものです。
しばらく…10.12で維持ですね。
そのうちMacPro(2010)も新OSで切られるんだろうな…。
もう7年前のパソコンだけど、CPUはXEON X5680に換装した上に、拡張パーツでSSD積めるし、いまだ性能は不自由しないところが凄いと思う。

そろそろHPも更新しないと…。


iPad Pro

iPad Pro 10.5inch


iPad Air2を3年間使っていましたが、やはりApplePencilを使いたくて、この期に買い替えしました。前モデルのiPad Proは使ったことがないので比較できませんが、これかなり使えます。
最近は、施工図や書類もデータでのやりとりが多いので、チェックしてスキャンして送り直す。という作業がiPadだけでできます。いやぁ便利だー。
今秋のiOS11にますます期待大です。そもそもmacOSが乗れば、もっと良いと思いますけど。
Appleはしないでしょうねぇ。どうだろ?
この先ちょっと期待してます。


MacBookPro2017

MacBookPro2016

テンション下がります。
2016モデルを、この前買ったばかりなのに、半年も経たないうちに旧モデルになってしまいました。
アーキテクチャがSkylakeからKabyLakeに変わって、コアクロックが少し上がったのと、グラフィックも変わりました。
体感できる程ではないでしょうけど、やはり悔しいなw

iMacPro?
あんなバカ高いのいらんっ!w


MacBookPro 13inch

2月から、想定外に忙しくなってしまって、放置状態でした。。。
このBlog意味があるのか?(笑)
忙しさにも慣れてきたので、久々に更新です。

「新品」を購入しました。(いつも中古なんだけど)
ファンクションキーモデルにしようかさんざん迷いましたが、新しいもの好きなので、結局Touch Barモデルに。
カタカナ変換にF7を使ったり、大文字小文字変換でファンクションキーを使うことが多いので、どうかと思うのですが、アプリケーション毎に設定できるので、良いかなと。Macを使い始めて20年になりますが、最初からUSキーボードを使っていて、JISはほとんど使ったことがありません。今回もUSキーボードです。最初Command+Spaceで切り替えできなくてちょっととまどいましたが、設定変更で今まで通り使えるようになりました。

実際使ってみて・・・・。
あまり便利さは感じない(笑)
というより、積極的に使おうとしていない。と言う方が正しいです。
Retinaディスプレイは美しいし、そこそこ性能も良いので、かなり使えます。
USB-Cもハブを使えば周辺機器の接続もできるし、MacProとはローカル共有してるので、データのやりとりは問題なくできます。
いろんな意味で、今置かれている仕事の状況を考えれば、良い買い物だったと思います。・・・多分

MacBookPro

USキーボード

でかいトラックパッド


macOS Sierra

新OSが発表されました。
毎年アップデートしなくてもいいのに。(と思うのは私だけ?)
その度に、ソフトが動かなくなるのがなんとも・・・。
それ以前に、ついにMacPro(2009)は切られてしまいました。core2DuoのMacbookAir(2010)がアップデートできて、XeonのMacProができないのは、どういうことかと。
ちょっと納得できない。
正式リリースされたら、(きっと)裏技?インストール情報など淡い期待をいだいてます。

macOS Sierra

macOS Sierra

AppleのWebサイトSierraのページが、かっこいいです。マウスでズームアウト。


Mac OSX El Capitan (upgrade)

カスタマー評価で両極端な評価なのでためらっていたのですが、現在のソフトの互換性を確かめるため、仕事で使っていないHDD(OSX10.8)をEl Capitanにアップグレードしてみました。

El-Capitanスクリーンショット

El-Capitanスクリーンショット

多くのトラブルが報告されていたように、インストールでつまずきます・・・。2時間過ぎてもインストールが完了しません。
何度か強制終了(電源ボタンで)して、再起動数回・・・。4時間後やっとこの画面です。
こういうアップグレードは、クリーンインストールが基本でしょうが、アプリの再インストールが面倒なので上書きです。これが原因か?
さて、肝心のアプリケーションですが。
立ち上がるといきなりJavaForOSX2014-001をインストールするようにアラートがでます。(Yosemiteも同じ)
これは、AdobeのCS5があるからで、素直にDLしてインストールします。
Photoshop CS5 起動可能。使えそう・・・。多分。フィルタをすべて試したわけではないので。
Illustrator CS5 起動可能。使えそう・・・。こちらも多分。終了させると、何故かクラッシュアラートがでます。よくわかりませんが、終了なので良いかなと。ただし、下の画像のようにフォントメニューのプレビューが表示されません。
Illustrator-before
これは、OSXの設定で回避できます。
システム環境設定を立ち上げ、アクセシビリティを選択します。その中のディスプレイを選択し、「透明度を下げる」にチェックを入れます。
下の画像が、プレビュー表示されたものですが、まだ一部表示されていませんが気にしない・・・ことにします。ちなみに、アップルはJavaサポートはEl Capitanまでとしていますので、次期OSXではCS5は動作しなくなります。(CS6は持っていないのでわかりませんが)
Illustrator-after
VectorWorks2015 問題ありません。A&Aで報告されている程度で、あまり気にならないです。
Office2016 トラブル報告がありますが、私の環境では問題ありません。(今のところ)
A&A会計 A&Aでまだ検証中なので、怖くて立ち上げられません。そもそもディスコン発表されたし。以前別のソフトを使っていて、決算データが飛んだことがあるので、ここは慎重に。
Mail 純正アプリなのに、設定の引き継ぎができていなくて、送受信不能。設定を直して復活。
ViewNX 2 問題なし。
ATOK2015 大丈夫。

A&A会計のアップデータが出たら、El Capitanにしてみようか。しかし、出るのか?A&A・・・。

※2月21日追記
2月19日にやっとA&A会計のアップデータが配布されました。これで、ElCapitanにアップグレードできそうですが、インストールが心配で二の足踏んでます。



MacOS9

MacOS9

MacOS9

合成画像ではありません。Yosemite上でOS9をエミュレートしています。
これで昔の使い慣れた3Dモデリングソフトが使えるか・・・?(起動はしました)しかし、OS9.0.4のQuickDraw3Dのバージョンだと、3DMFファイルを開くとSheepShaverごと落ちてしまいます。試行錯誤した結果QuickDraw3Dのバージョンを1.5.3に落としたら、無事開くことができました。どこまで使えるか、これから試してみたいと思っています。


MacPro(2009) グラフィックボード換装

radeon4870

換装前のRadeon HD4870

quadro4000

換装後のQuadro4000

VectorWorksのバージョンアップに伴って、グラフィックメモリの下限が上がりました。A&Aによれば、1GB以上。もともと付いていたRadeon HD4870は512MBなので少々力不足。CinemaHDディスプレイを2台で使っているので、その影響の方が大きいとは思いますが。
2009年当時のQuadro4000はとても手が出せる金額ではなかったですが、既に型遅れでかなり安価で手に入れることができました。グラフィックメモリも2GBになり、PCIe拡張スロットも1基でつけられるので、拡張スペースが増えました。


MacPro(2009) CPU換装

cpubefore

換装前のCPU XEON W3540(4core)

cpuafter

換装後のCPU XEON W3680(6core)

MacPro2009モデルは、そのままではW3680に換装することはできません。ファームウェアを5.1にする必要があります。少々リスクを伴いますが、それほど難しいことではありません。いろいろな情報はネットにありますので、チャレンジする方は探してみて下さい。メモリも元々1333だったので、換装後自動的に認識しました。