「 Mac 」一覧

MacStudioについて

新しいMacがリリースされました。MacStudioですね。

MacStudio
(Appleのサイトから)


以前から、MacProとMacMiniの中間のDesktop機があったら良いなと思ってました。
これは、まさしくそんなカテゴリーでしょうか。
でも、ちょっと違うんですよね。
中身がガチガチに固められていて、メモリはおろかストレージすら後から増設できません。
いじる楽しみがないですよ?
その点を除けば、性能は今の銀MacProと比べても雲泥の差ですね。
AppleのサイトのCPUパフォーマンス比較に、VectorWorksがありますね。

パフォーマンス比較
(Appleのサイトから)


基準のiMacと今の銀MacProがどれだけ違うかわかりませんが。
きっと、快適なんでしょうねぇ。
M1MAXで十分ですね。ULTRAは高すぎるし。
いまのLED Displayに繋げられるんでしょうか。
Displayまで買い換えるのは、難しいし。
どうしたものか・・・。


MacBook Pro(2021)

毎年夏から秋にかけては、多忙を極めるので更新が滞りますね。
そもそも、更新が多いわけではないのですが。
それでも、総閲覧数が10万をこえました。ありがとうございます。

最近Appleの情報に疎くて、気がついたらMacBook Proがリリースされてました。

M1がさらにアップグレードされたようで、パフォーマンスに期待できますね。
インターフェイスが増えたのは、大いに評価できますね。HDMIとか。SDスロットとかね。
やはり機能性が良くないとアダプターが必要だったり、ストレスたまりますからね。

でも、私は適度なDesktopが欲しい。ww
もう何年も期待して待っていますが、どうなんでしょうね?
何度か噂にはあがりますが、一向に実現しない。
MacMiniとMacProの間くらいでいいんですけどね。


NVMe SSD 2年使用の状況

MacPro(2010)にNVMe SSDを導入してから、2年が経過しました。
久しぶりにベンチをとって、新品時と比較してみました。
新品時の記事
BlackMagic

SSD660pベンチマーク 新品時

2年経過

新品時と変わりませんね。

AmorphousDiskMark

AmorphousDiskMark
INTEL 660P 新品時

2年経過

こちらはSeqQD32の読み込みが若干低くなってますが、誤差ですかね。

経年で遅くなってくるという認識でいましたが、まったく問題無いですね。認識違いですかね?(^_^;

ところで。
Mountain LionとLionがフリーダウンロードできるようになったらしいです。
iPhone Mania


モデリング-5

モデリングにもだいぶ慣れてきました。
勾配屋根や傾斜天井は苦手です。(^_^;
良いと思っていた壁が、実は邪魔であったり。
思うような光が入ってこなかったり。
空間チェックには重宝しています。
ただ、もう少し効率的に検討できないものか。
今後の課題ですね。

レンダリング1


レンダリング2


レンダリング3


レンダリング4

質感表現とか、まだまだダメですが、空間チェックは、この程度で十分です。

もう10年以上も前のMacPro(6core×2)12coreですが、まだまだ使えますね。
レンダリングは、CPUのcoreが多いほど速いです。
MacBook Pro(13inch)core i5 2coreで試してみたら、眠くなるくらい遅かったです。
これでは使えないですね。

11年落ちとは言え、さすがMacProです。
M1Macがどの程度なのかわかりませんが、買うならcore数が多いほど良いと言うことですね。
12core以上は欲しいですけど・・・。
あとは、値段との折り合いでしょうか。(^_^;


MacPro(2010)の不調

ここ数日、MacProの挙動がおかしいです。
ChromeやMailを立ち上げて、読み込んだタイミングでブラックアウト。
無音で再起動するという現象です。

MacPro2010

とりあえずですが、ディスクユーティリティのFirstAidやTechTool Proでシステムメンテしてみました。
あとは、CleanMyMacで不要一時ファイルを削除。
今のところ、不意なブラックアウトはしなくなりました。

原因は不明ですが、あと2年くらいもって欲しい。(^_^;
M1のミドルMacProの噂があるので、ちょっと期待してます。


モデリング-その4

モデリングにもだいぶ慣れてきました。
ディテールにこだわりすぎると、本来の意図からそれてしまうので、
その辺は注意しないと時間がいくらあっても足りないです。
レンダリングについては、OpenGLならばQuadro K5000の影響なのかわかりませんが瞬時に表示されますね。
ただ、RenderWorksはCPUに依存しているみたいなので、かなり時間がかかります。
下のレンダリングで、1,2分程度ですが。

レンダリング1


レンダリング2


レンダリング3


レンダリングしてみないと、実際のテクスチャの感じがわからないので、トライアンドエラーで仕上げていく感じです。
細かなディテールはほとんど省いているのに。
きりがない。(^_^;
空間や陽の入り方のチェックの方が重要なので、プレゼンはOpenGLで十分かな?


Big Sur

MacBook Pro 13inch(2016)をBig Surにアップグレードしてみました。
まだ、頻繁には使用していませんが、特に問題は無いですね。

M1MacのMacBook Airに買い換えたいという妄想もありますが、使用頻度を考えるとまだいいかなと。
時期MacBook ProはTouch Bar廃止なんていう噂もあるんですよね。
Touch Barは要らなかった。(笑)


iPadAir

4年ぶりにiPadを買い換えました。
iPad Pro→iPad Air(第4世代)です。

iPad Air

Apple Pencilも買い換えですね。
ホームボタンがなくなっているので、ちょっと戸惑うことがありますが、エッジの立ったデザインになったので満足。
M1Macもリリースされましたけど、静観します。w
なぜなら。
こんな情報があったりするので、あと2年は銀MacProで持ちこたえます。ww


VectorWorks2020 SP3リリース

VectorWorks2020 SP3がリリースされたので、早速アップデートしました。

VectorWorks2020 SP3


Ver.2020にしてからは、遅延もなく普通に動作するので、特に困ることはないですね。(当たり前のことですが。)
MojaveでのVer.2019の操作遅延は、結局原因不明です。
改善できないというのは本当に困る話で、仕事になりませんから。
Mojaveの問題なのか、VWの問題なのかよくわかりませんが、高価な割にダメダメですね。
2018、2019を使われている方は、SierraまたはHigh Sierraでの使用をお勧めします。
Appleも先に記事にしたとおり、またもやOSのメジャーアップデート。(Big Sur)
毎年OS変えられると、それはそれで困るんですよね。仕事使いのソフトが最悪動きませんから。(大抵動かないです。)
その上、またまたCPUを変えるって言う訳ですから、またまたややこしいことになりそうです。

そもそも、Macを仕事で使うことに問題があるんですが。(笑)
あのWinのUI《User Interface》は、使う気にならないんです。(^_^;


次期macOSは11

次期macOSはBig Surだそうです。バージョンも11.0になるらしい。

Big Sur
Appleサイトから

まぁ、これは良しとして。銀MacProは完全に蚊帳の外だから、関係ないし。(笑)
CPUがまた変わるんですねぇ。。。
もともとAppleは革新して成長してきたからね。
でも、仕事でMacを使っているユーザー側からすると、あまり変わって欲しくない。
PowerPCからIntelに変わった時も、いろいろと面倒だったんだけど。(^_^;
ソフト動かなくなるしねぇ。ソフトのバージョンアップも大変なんだよ。
今年中には、AppleシリコンのMacがリリースされるらしいけど、IntelMacも併売みたい。
最初のAppleSiliconを搭載したMacは何になるのでしょう?
Mac Miniか?
いずれにしても、新機種導入については、様子見だなぁ。
あと2,3年は銀MacPro使うことになりそう。(^_^;
壊れなきゃいいけど。
それ以前に、Displayが・・・。