VectorWorks2019 SP4の動作遅延

VectorWorks2019 SP4


Mojave対応したVW2018 SP6から、VW2019 SP4にして使用していますが、相変わらず動作遅延が発生します。
パレットドッキングを解除、初期設定ファイルを削除しても再現。
その度にOS再起動、VW再起動です。
再度サポートに問い合わせてみましたが、パソコンスペックを含めて、動作環境に問題は無いとのことで、これと言って効果的な回避法が見つかりません。
A&Aのサポートも、まったく当てになりませんね。
高額ソフトなのに、こんなにストレスたまるCADでは、Pro用途として使い物にならないでしょう。
嫌みも言ってやりましたが、事務的な回答が返ってくるだけ。
まぁ、A&Aは代理店というだけですから、そんな能力も無いのでしょう。
今更他のCADを導入する気力も財力もないので、このままですね。
何のために、高いお金を払ってサービスセレクト契約しているのか、無駄でしたね。
過去記事です。
VectorWorks2019 SP4
MojaveとVectorWorks2018 SP6 その4


夕暮れの三番瀬

今年もあと2週間ですね。
夏から初冬にかけて、慌ただしい日々が続きました。
たまってしまった仕事も、もう少し頑張りましょう。

夕暮れの三番瀬


夕暮れの三番瀬


穏やかな年末を迎えられると良いですね。

いつも訪問いただき、ありがとうございます。


MacPro2019発売

MacProが発売されましたね。
わかっていたことですが、基本スペックで税込み65万超えですね。(^_^;
無理ですね。
買えません。

基本スペックモデル

ちなみに、フルカスタマイズしてみると。
驚愕の・・・・。

フルスペック オプション

600万超えです!

いや。。。
こんなのは必要としてないんですよね。
Mac mini以上で、MacPro以下が欲しいんですけどね。
MacPro Middleあたりで良いんですが(^_^;
一般ユーザーが、ちょっと性能の良いPCが欲しいなって思うくらいの価格帯で。
そう、昔のPower Macintosh7600とか8600みたいなやつでね。(それでも十分高かったけどねw)


晩秋の風景

今年は台風の影響もあって、仕事が重なってしまって更新も滞りがちです(^_^;
つくし野の家も、まだHPにアップできていないし・・・。
ひとつずつ、終わらせていくしかないですね。
日曜日は休みたいんですけどねぇ。

小松寺の紅葉


湖畔の休日


NVIDIA 完全撤退

NVIDIAがMacサポートを完全撤退したようですね。
NVIDIA、macOSをサポートした最後のCUDA Toolkiをv10.2リリース。次期アップデートでmacOSは非サポートに。
まぁ、NVIDIAにとっては、Macのシェアなど取るに足らないでしょうから、どうと言うこともないでしょう。
銀MacProユーザーも、これから減っていく訳ですから、ある意味賢明な判断ですね。

Quadro K5000
結局これがAppleが正式対応してMacProで使える最後のカードかな?


私の環境では、CUDAはほとんど使いませんから、変わりはしないのですが。
それでもMojaveへの対応をAppleが認めるかなと、少しは期待してましたが。
やっぱりダメでしたね。(^_^;
まぁ、CUDAが必須の人は、とっくにMacを捨てているとは思いますがww