新しい暮らしに向けて

住まいづくりは、その人達の人生の中の大きな出来事です。
設計姿勢としては、住宅設計という「もの」としての意識ではなく、その家族の「暮らし」を考えるという意識で設計しています。
今までの暮らしを振り返り、これからの暮らしを考えるということに他ならないわけです。
新しい暮らしに向けて、エールを送ります。
denen


Mac OSX El Capitan (upgrade)

カスタマー評価で両極端な評価なのでためらっていたのですが、現在のソフトの互換性を確かめるため、仕事で使っていないHDD(OSX10.8)をEl Capitanにアップグレードしてみました。

El-Capitanスクリーンショット

El-Capitanスクリーンショット

多くのトラブルが報告されていたように、インストールでつまずきます・・・。2時間過ぎてもインストールが完了しません。
何度か強制終了(電源ボタンで)して、再起動数回・・・。4時間後やっとこの画面です。
こういうアップグレードは、クリーンインストールが基本でしょうが、アプリの再インストールが面倒なので上書きです。これが原因か?
さて、肝心のアプリケーションですが。
立ち上がるといきなりJavaForOSX2014-001をインストールするようにアラートがでます。(Yosemiteも同じ)
これは、AdobeのCS5があるからで、素直にDLしてインストールします。
Photoshop CS5 起動可能。使えそう・・・。多分。フィルタをすべて試したわけではないので。
Illustrator CS5 起動可能。使えそう・・・。こちらも多分。終了させると、何故かクラッシュアラートがでます。よくわかりませんが、終了なので良いかなと。ただし、下の画像のようにフォントメニューのプレビューが表示されません。
Illustrator-before
これは、OSXの設定で回避できます。
システム環境設定を立ち上げ、アクセシビリティを選択します。その中のディスプレイを選択し、「透明度を下げる」にチェックを入れます。
下の画像が、プレビュー表示されたものですが、まだ一部表示されていませんが気にしない・・・ことにします。ちなみに、アップルはJavaサポートはEl Capitanまでとしていますので、次期OSXではCS5は動作しなくなります。(CS6は持っていないのでわかりませんが)
Illustrator-after
VectorWorks2015 問題ありません。A&Aで報告されている程度で、あまり気にならないです。
Office2016 トラブル報告がありますが、私の環境では問題ありません。(今のところ)
A&A会計 A&Aでまだ検証中なので、怖くて立ち上げられません。そもそもディスコン発表されたし。以前別のソフトを使っていて、決算データが飛んだことがあるので、ここは慎重に。
Mail 純正アプリなのに、設定の引き継ぎができていなくて、送受信不能。設定を直して復活。
ViewNX 2 問題なし。
ATOK2015 大丈夫。

A&A会計のアップデータが出たら、El Capitanにしてみようか。しかし、出るのか?A&A・・・。

※2月21日追記
2月19日にやっとA&A会計のアップデータが配布されました。これで、ElCapitanにアップグレードできそうですが、インストールが心配で二の足踏んでます。



ディスコン(Discontinued)

A&Aから会計ソフトのディスコンのメールが届きました。あと1年はサポートするみたいですが、困ったものです。やはりユーザー数が少ないんでしょうね。これ、使いやすくて良かったんですけど。
消費税の変更対応やOSXがバージョンアップする度にアップデートしないといけませんからね。8年も使っていただけに残念。kaikei


卒業設計審査会

今日は海洋建築工学科の卒業設計の審査会に行ってきました。今年度は、今一歩・・・という印象でした。
もう少し自身のテーマを突き詰めて、表現できていればなぁ・・・。惜しい。学生達にとっては、ギリギリまで頑張った結果であるのだろうと、採点はちょっと甘かったかも知れません。頭がクリアになったら、客観的に自身の作品を見直して欲しいと願っています。
IMG_1425IMG_1426IMG_1429IMG_1430IMG_1431IMG_1432IMG_1433IMG_1434
IMG_1435